家庭菜園

作物別栽培方法

果菜類・マメ科エダマメ

Variety(品種)

エダマメは、ダイズを若さやのうちに収穫し、野菜として利用するときの呼び名です。
早まきでは夏ダイズ型のサッポロミドリ、夏到来、富貴、雪娘、白鳥、奥原などがあります。
6月以降の種まきでは夕涼み、三河島、福獅子などの白花白毛の中性種がよく利用されます。
このほか、茶豆、黒早生、緑大豆などは、早採り栽培はできませんが、独特の風味が人気です。

Profile(特性)

マメ科の1年生草本です。原産は中国東北部で、温暖で多湿な気候を好みます。とくに、開花期は多湿がよく、乾燥するとさや数が減り、空のさやが多くなります。また、エダマメは本来は穀物なので、ほかの野菜のように肥料を多くは要求しません。
土質はあまり気にしませんが、粘土質で保水性のある土壌だと生育がよくなります。
エダマメとして利用されるのは、多くが夏ダイズ型か中間型。夏ダイズは日照時間に鈍感で、早まきしても温度だけ保てば順調に生長しますが、秋ダイズは開花、結実が日照時間に敏感で、長日では開花、結実が遅れます。

畑の準備、荒起こしのとき、苦土石灰と、乾燥を防ぐため、堆肥を多めに施す。元肥は窒素過多にならないように気をつける。マルチをすると、生育が早くなる。

じかまき

間引き・補植

苗作り

追肥・土寄せ

収穫、さやの色が鮮やかな緑になり、豆粒が太り、指でつまむとさやから豆が飛び出すころが収穫適期。適期は3〜7日と短く、その後すぐに豆が硬くなり品質も落ちる

栽培ミニ知識