作物別栽培方法

モロヘイヤ

Variety(品種)

草姿の違いや耐倒伏性などに改良されたものがあるが、品種の分化はよくわかっていない。

PROFILE(特性)

原産地はエジプト。日本への導入は1991年ころ。栄養価が高くビタミン類のプロビタンAであるβカロチン、ミネラル分のカルシウムや食物繊維などの機能成分を多く含む。高温性のため最低気温が15℃以上にならないと露地栽培はむずかしい。は種時期は5月。丈夫な植物だから温度と日照さえ確保できれば畑や庭の隅にタネをばらまいても収穫できるが、良質の新梢をとるには移植栽培がよい。病害虫はほとんど心配ない。種子には毒性の強い成分が含まれているので、人やペットが食べないよう注意を。

葉型と温度変化

畑の準備

畑の準備

かん水

追肥

収穫

管理

病害虫防除