家庭菜園

作物別栽培方法

果菜類・ナス科ナス

Variety(品種)

千両2号、庄屋大長、黒福、飛元長などの品質のよい一代雑種がありますが、そのほかにも九州地方の長ナス、京都の加茂ナス、大阪の水ナス、東北地方の丸ナス、小ナスなどの昔からあった在来種も見直されてきています。
また、米ナスのように海外で生まれた品種でも、肉質がよいので、市場に出回っているものもあります。

PROFILE(特性)

原産地はインドで、日本へは7〜8世紀に中国を経由、または東南アジアから直接導入されたといわれます。日本各地で定着し、 多くの地方種を生み出しました。丸形から長形、色も白、緑、紫赤、紫黒と変化に富んでいます。
近年では中長型の一代雑種が主流になっていますが、地方種も一部で栽培されています。
生育の適温は25〜28℃で、日当たりのよい、有機質に富んだ場所を好みます。
世界的に、アジアを中心に栽培されていて、日本の栽培面積は第3位、単位面積当たりの収穫量は第1位です。

苗選び

畑の準備

植えつけ

摘心・支柱立て

追肥 収穫

更新剪定

栽培ミニ知識