作物別栽培方法

コカブ

Variety(品種)

栽培されている主なスモモは、セイヨウスモモとニホンスモモです。セイヨウスモモはプルーンとも呼ばれ、熟期は8月下旬以降です。日本では生食のみですが、主産国では干しスモモが主体です。品種は多く、お勧め品種の一例をあげると、『スタンレイ』『サンプルーン』『シュガー』などで、いずれも自家結実します。
ニホンスモモは熟期が6月下旬から7月下旬と早く、完熟果は甘く、とろけるようです。品種では自家結実性の『メスレー』や『ビューティ』のほか、自家不結実性なので授粉樹が必要ですが、相性のよい品種として『サンタローザ』と『ソルダム』がお勧めです。

Profile(特性)

モモと同じく、古代から栽培されてきましたが、品種名が明らかになったのは明治時代以降です。現在の主な栽培品種は、在来種がアメリカに渡り、それが改良されて逆輸入されたものです。
ほとんど無農薬に近いかたちで作ることができる、家庭向きの果樹です。熟期の早い品種では6月下旬ごろから梅雨明けまでに収穫できるので、うっとうしい季節にさわやかな味と香りを楽しませてくれます。また、4月に咲く5弁花が美しいことから、庭木としても多く取り入れられています。

Point(栽培のポイント)

■栽培適地

ニホンスモモは雨が多く、夏暑い日本の気候に適した種類です。しかし、セイヨウスモモは冷涼で雨の少ない気候を好むので、ニホンスモモより作りにくく、暖地では病気の発生が多くなります。

■結実の確保

スモモのほとんどが自家不結実性です。同じ品種の花粉では結実しにくいので、開花期が同じか、やや早い異品種との混植が必要です。接ぎ木ができれば、1樹に2〜3品種を接ぐとよいでしょう。
ただし、近年は訪花昆虫が少ないうえ、開花期が低温だと結実が悪いようです。その点、人工授粉なら確実です。

■人口授粉

綿棒や羽毛ほうきで、品種相互に咲いている花をぬぐうようにします。確実なのは花粉を採取し、雌しべにつける方法です。 授粉の適期は、開花直後よりも、4〜5日たち、花弁が色あせて散る直前です。天候の状態をみて、2〜3回行うとよいでしょう。

■摘果

実を着けすぎると、味が悪くなります。一般的には枝の長さ10〜15p間隔に1果残すように摘果します。なお、結実が多い場合は、一度に摘果せず、2〜3回に分けて行います。

■整枝・せん定

2年枝に開花結実します。果樹園では開心自然形仕立てが一般的ですが、庭先なら収まりがよい変則主幹形仕立てがよいでしょう。 なお、徒長枝や長く伸びすぎた枝は、切り詰め程度の軽いせん定をします。

■施肥

実成りがよければ収穫後、お礼肥として化成肥料を与えます。

■病害虫防除

病気では黒斑病や灰星病、ふくろみ病などです。害虫ではアブラムシのほか、ゾウムシ、コスカシバ、カイガラムシなどが発生します。

■鳥害対策

網をかけるのが手っ取り早い方法です。そのためには、網のかけやすい樹形にする必要があります。なお、大果品種で果実が少量なら、袋掛けもよいでしょう。

授粉の方法

花粉の採り方と貯蔵