女性総合職を増やすために、次のような行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日〜令和3年3月31日

(1)全体に占める女性総合職の割合が少ない。
(2)総合職を希望する女性学生および一般職員が少ない。

目標1.  総合職(渉外業務)の女性を4名から8名以上に増加させる。

■取組内容

総合職の女性の応募を増やすため、学生向け「会社案内」パンフレット等を見直し改定する。

目標2.  課長職以上の管理職に占める女性比率を10%以上にする。

■取組内容

平成28年8月〜 女性一般職から総合職への転換希望者を募り、総合職を経験のうえ、管理職へのキャリアアップを目指す。

職員が能力を十分に発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成31年4月1日〜令和5年3月31日

内容

目標1:振替休日の消化、また、年次有給休暇の取得日数を、一人平均10日以上とする。

【対策】
令和元年度〜
職員に対して社内広報等を利用した取得に対する意識づけ。
長期職場離脱の全職員(5日間)の継続実施
事前に取得予定をたてる。
 
令和2年度〜
取得状況を踏まえ、誕生日や記念日に有給休暇を取得推進する休暇制度等の導入の検討