組織情報

経営理念

組織概要

JA堺市の概況

JA堺市は、昭和44年3月1日に、堺市内の19 農協が合併し、堺市農業協同組合として本所、19支所2出張所の21店舗で発足しました。2年後の昭和46年5月には、堺市上野芝町に農業会館を新築して本所を移転しました。
昭和47年5月に、市内に残る2農協と合併し、名実ともに一市一農協となり、本所、22支所、2出張所の25店舗となりました。
なお、平成10年に、JA改革の一環として取り組んだ「JA堺市活性化推進計画」に基づき、1支所2出張所を統合し、現在は本所、21支所、営農センター、農産物直売所、生活センター、2キャッシュサービスコーナーを運営しています。

組織

設立 昭和44年3月
出資金 11億9,401万円
単体自己資本比率 14.82%
役員数 34人
支所 21カ所
農産物直売所 1カ所
本所所在地 堺市西区上野芝町2丁
総資産 4,710億円
組合員数 27,529人
職員数(派遣・パート含む) 341人
営農センター 1カ所
生活センター 1カ所

令和3年3月31日現在

当組合の正組合員のうち認定農業者数

正組合員数 5,953人(うち認定農業者134人)

令和3年3月31日現在

機構図

機構図

基本方針・基本目標

基本方針

地産地消による都市農業の優位性を活かし、地域貢献を通じJAの総合性を一層発揮することで、豊かでくらしやすい地域社会の実現に取り組みます。

基本目標

1. 持続可能な都市農業の展開
朝市・直売所の充実・多様な販路の確保・ブランド化戦略等バリューチェーンの最適化により付加価値の高い農産物を持続的・安定的に生産・供給すること、担い手の確保・耕作放棄地対策等充実した営農指導機能を展開することを通じ、大阪農業の持つ多面的機能を十分に発揮し地域と共生した都市農業を実現します。

2. 経営基盤の確立による健全・堅実なJA経営
激変する環境変化に適応し、事業の効果的・効率的な運営と地域から信頼されるための総合事業の前提となる高度な内部管理態勢を確立するとともに、収支確保や内部管理態勢の構築を踏まえ、十分な経営基盤強化の議論を進め、将来を見据え確固たる経営基盤を確保します。

3. 組合員・地域との関係強化による組織基盤の確立
協同の理念を共有した組織となるため、組合員の実態・ニーズを把握し、組合員の声に基づいたJA運営により、組合員との関係性を見直し、より密接なつながりを構築するとともに、総合事業のメリットを実感できるようJA活動の充実と一層の組合員参加を実現し、地域においてさらに存在感を発揮します。

4. 協同の理念を実践する人材の育成
農業協同組合の役職員として、一人一人が地域・農業・協同の理念を十分に理解したうえで自ら問題意識をもって主体的に課題解決にあたるとともに、経営戦略に基づく人材育成基本方針によって、JAの組織・事業・経営を支えていく人材を育成します。

5. 協同組合と大阪農業の情報発信
地域と共生した都市農業の魅力、持続可能な都市農業を実現する総合農協の意義、協同組合が果たす社会的役割等について、様々な機会・場面・対象にわかりやすく発信し、府民や関係者に対し十分な理解を醸成するとともに、全役職員が主体となり、組合員との対話を進めていきます。