作物別栽培方法

コカブ

Variety(品種)

各地に在来種があり、たくさんの品種名がつけられています。これらは蘞芋(エグイモ)、蓮葉芋(ハスバイモ)、石川早生、土垂(ドダレ)、黒軸、八ツ頭などの品種群にまとめられ、それぞれ早生から晩生まで品種分化しています。
また、サトイモは親イモが中心にあり、そのまわりに子イモ、孫イモができますが、どこを食用にするかによって、子イモ専用種、親イモ専用種、親・子イモ兼用種などに区別されます。

Profile(特性)

原産地はインド、中国で、南方民族が移動するとともに日本へ渡来しました。古代から作られた野菜といえます。
高温多湿を好み、一般に25〜30℃が生育適温です。イモの形成には22〜27℃が適温とされます。乾燥には弱く、干ばつの年には不作で品質も悪くなります。
熱帯地方では多年生のサトイモも、日本では1年生です。イモの頂芽が発芽して伸び、葉のつけ根が太って親イモになり、親イモのわき芽に子イモができます。ジャガイモと違って休眠せず、適温になればいつでも発芽します。連作すると、イモが腐敗しやすくなります。

種イモの選び方

畑の準備

植えつけ

追肥・土寄せ

水やり・敷きわら

栽培ミニ知識