それいけ!食農探検隊

  • それいけ!食農探検隊
  • #058

はる料理りょうりには

NEW

  • それいけ!食農探検隊
  • #058

はる料理りょうりには

  • キャラクター

    これより、(しょく)(のう)探検(たんけん)(たい)会議(かいぎ)開催(かいさい)する。今回(こんかい)議題(ぎだい)は?

  • キャラクター

    今回(こんかい)議題(ぎだい)は「どうして(はる)(にが)い『フキのとう』を()べるのですか」です。(はじ)めにフキの栄養(えいよう)効能(こうのう)についてあぐりちゃんからの報告(ほうこく)です。

  • キャラクター

    報告(ほうこく)します。フキにはカリウムが(ふく)まれています。年中(ねんじゅう)水煮(みずに)流通(りゅうつう)しているフキにも(おお)(ふく)まれていますが、フキの(はな)のつぼみである「フキのとう」には水煮(みずに)したフキの2(ばい)以上(いじょう)(ふく)まれています。カリウムは余分(よぶん)塩分(えんぶん)(からだ)から()して、血圧(けつあつ)()(はたら)きをします。食物(しょくもつ)繊維(せんい)(おお)腸内(ちょうない)をきれいにして、便秘(べんぴ)になるのを(ふせ)いでくれます。

  • キャラクター

    生活(せいかつ)習慣(しゅうかん)(びょう)予防(よぼう)()さそうだね。独特(どくとく)苦味(にがみ)にも(なに)かあるのかな?

  • キャラクター

    苦味(にがみ)には新陳代謝(しんちんたいしゃ)(うなが)し、腎臓(じんぞう)(はたら)きを(たか)める(はたら)きがあります。日本(にほん)料理(りょうり)では「(はる)料理(りょうり)には苦味(にがみ)()れ」といわれます。(ふゆ)(あいだ)にたまった塩分(えんぶん)脂肪(しぼう)()して、(なつ)(あつ)さに()えられる(からだ)をつくれという意味(いみ)でしょう。「フキのとう」はその役割(やくわり)にぴったりの食材(しょくざい)なんです。野生(やせい)のクマも冬眠(とうみん)から目覚(めざ)めたときに、まず()べるのが「フキのとう」だといわれています。

  • キャラクター

    クマが?植物(しょくぶつ)完熟(かんじゅく)するまでは野生(やせい)動物(どうぶつ)()べられないように、(にが)くなっているはずだけれど?

  • キャラクター

    クマにとって(ゆき)もまだ(のこ)っている野山(のやま)()べられるものは、(ほか)にないのでしょうか。あるいは、そう()せかけて本能的(ほんのうてき)自分(じぶん)(からだ)必要(ひつよう)なものを()っているのかもしれませんよ。「フキのとう」を()むのに夢中(むちゅう)になってクマとはちあわせ、なんてことのならないように()をつけなければいけませんね。以上(いじょう)です。

  • キャラクター

    どの季節(きせつ)にも、その季節(きせつ)にあった()(もの)がある。自然(しぜん)仕組(しく)みではあるけれど、加工(かこう)食品(しょくひん)(かこ)まれた生活(せいかつ)をしていては(わす)れがちになるよね。(しゅん)のものをいただくときは感謝(かんしゃ)気持(きも)ちを()とうね。(つぎ)報告(ほうこく)は?

  • キャラクター

    (つづ)いて、フキの歴史(れきし)についていっとくんからの報告(ほうこく)です。

  • キャラクター

    報告(ほうこく)します。フキはキク()()フキ(ぞく)(ぞく)し、数少(かずすく)ない日本(にほん)原産(げんさん)野菜(やさい)です。愛知県(あいちけん)群馬県(ぐんまけん)大阪府(おおさかふ)などを中心(ちゅうしん)栽培(さいばい)されていますが、北海道(ほっかいどう)から沖縄(おきなわ)まで日本(にほん)全国(ぜんこく)野山(のやま)のやや日陰(ひかげ)水分(すいぶん)(おお)いところに自然(しぜん)()えています。調理(ちょうり)灰汁抜(あくぬ)きが()かせませんが、現在(げんざい)でも野山(のやま)から()ってきて()べられることも(おお)く、山菜(さんさい)としての一面(いちめん)もあります。

  • キャラクター

    ()っている水煮(みずに)ではなくて、野山(のやま)から()ってきて自分(じぶん)いちから調理(ちょうり)してもおもしろそうだね。クマに用心(ようじん)して()ってこようかな?

  • キャラクター

    それはおすすめできませんね。野山(のやま)には()べられる植物(しょくぶつ)だけが()えているのではありません。「フキのとう」に()たつぼみをつける(どく)()(くさ)もあります。間違(まちが)えて食中(しょくちゅう)(どく)になる(れい)()えることがありません。やはり、専門(せんもん)農家(のうか)さんが(つく)ってくれた野菜(やさい)()べるのが()いでしょう。

  • キャラクター

    そのとおりだね。(かる)はずみなことを()ってしまった。反省(はんせい)反省(はんせい)

  • キャラクター

    日本(にほん)栽培(さいばい)するようになったのは平安時代(へいあんじだい)からです。当時(とうじ)記録(きろく)にも栽培(さいばい)されていたことや地方(ちほう)から(おさ)められていたことが(のこ)っています。フキ自体(じたい)中国(ちゅうごく)韓国(かんこく)にも()えていて食用(しょくよう)にする地域(ちいき)もありますが、様々(さまざま)料理(りょうり)にして()べているのは日本(にほん)だけです。日本(にほん)野菜(やさい)栽培(さいばい)原点(げんてん)ともいえるのではないでしょうか。以上(いじょう)です。

補足

  • キャラクター

    フキの品種(ひんしゅ)に「秋田(あきた)ブキ」があります。()直径(ちょっけい)が1m、(たか)さが2mにもなる(おお)きなもので、民謡(みんよう)秋田(あきた)音頭(おんど)」にフキが(かさ)()わりになる様子(ようす)(うた)われています。「秋田(あきた)ブキ」は北海道(ほっかいどう)にも()えていますので、アイヌの方々(かたがた)民話(みんわ)登場(とうじょう)する「コロポックル」も(じつ)小人(こびと)ではないのかもしれませんね。