6月前半の農作業メモ

田植えの時期がきました。代かきを丁寧にすると後の水管理がしやすく、薬剤の散布効果も高めます。植え付け本数は1株3~4本植えにしましょう。

ブイゲットハコレンジャーL粒剤、ブイゲットフェルテラゼクサロンL粒剤やアレスモンガレス箱粒剤等の長期間殺虫効果が期待できる箱施用剤を育苗箱1箱当たり50gを均一に散布して田植えを行ってください。

ジャンボタニシの発生圃場では田植え後3週間は浅水で管理し、薬剤で防除を行う場合はスクミノン又はスクミンベイト3を田植え直後に散布してください。

梅雨時期に入ると、作物の病害が発生しやすくなります。各種病害に対する殺菌剤を予防散布してください。

また、使用前にラベルをよく読んで安全使用に心掛けてください。