8月前半の農作業メモ

水稲関係では、この時期、穂の生長時期になりますので、水は切らさないように管理してください。

野菜関係では、ネギにアザミウマ類の発生が多くなっています。またアブラナ科野菜にキスジノミハムシが発生しています。どちらの害虫も被害を受けると商品価値が著しく下がりますので、播種や定植前の粒剤での予防や、生育中の定期散布での防除に努めてください。

農薬の散布は昼間の暑い時間帯をさけ、朝夕の涼しい間に散布するようにしましょう。