11月後半の農作業メモ

水稲関係では、今年、内えい褐変病やいもち病、縞葉枯病が発生した圃場には、籾やわらに病原菌が残っています。年内に石灰窒素を10aあたり20kg全面散布し、籾殻やわらを土の中にすき込み腐らせ、病原菌の密度を下げるようにしましょう。またこのときにとれ太郎または鉄次郎を全面散布しすき込んでおきましょう。

野菜関係では、キャベツ、ハクサイ等を中心にヨトウムシ類の発生が多くなっています。ヨトウムシ類は発見が遅れ老齢幼虫になると薬剤が効きにくくなります。早期発見、早期防除に努めてください。

この時期は、病害にも注意が必要です。雨が降ると急激に病害が拡大する恐れがあります。天気予報を確認し、天候が悪くなる場合は殺菌剤の予防散布を行いましょう。