2月前半の農作業メモ

野菜関係では、これからも寒い日が続きますのでビニールや寒冷紗のトンネル栽培や、不織布のべたがけ栽培などで、寒害や霜から作物を守るようにしましょう。

水稲関係では、冬の間に土壌改良資材を入れ、同時にワラのすき込みや次回の病害虫発生を抑えるために耕耘を行いましょう。

果樹関係では、剪定の時期です。柿は2月末まで、ミカンは4月初旬までに剪定をしてください。また剪定後の枝や落ち葉などは、今年の病害虫の発生源になりますので除去してください。